ここから本文です

優雅な気持ちでご湯っくり 高知・馬路村

テレビ高知 5/11(木) 11:45配信

テレビ高知

馬路村で、毎年人気のバラ風呂が始まりました。湯船に浮かべられるバラの花は1日およそ5千個で、早速訪れたお客さんも“お姫様のような気分”と満開の笑みを浮かべていました。

うまじ温泉では毎年ゴールデンウィーク明けに女性専用のバラ風呂を開放していて、今年で12年目です。湯船には一日におよそ25品種、5千個のバラの花が浮かべられます。けさは今年最初のお客さんが、花いっぱいのお湯に浸かって楽しんでいました。

(お客さん第一号)
「自然な甘い香りというか爽やかな香りというか今までかいでいたバラの香りと全く違う感じで、バラってこんな香りだったんだって思って、すごくいい香りです。」
「最高の気分です。プリンセス!」

また、こちらの温泉は保湿力が高く、“美人の湯”として親しまれています。

(中川アナリポート)
「見ているだけで華やかな気分になります。お湯がとろっとしています。皮膚を薄い膜が覆うような柔らかさで気持ちがいい。」

(うまじ温泉 林義人支配人)
「ゴールデンウィークが明けて夏休みまでの間が閑散期になって、馬路村まで(来る)お客さんが少なくなる。何かお客さんが来てくれるものを考えていたときに、バラをお風呂に浮かべてみようと いうことになりました。心から幸せな気分になってもらいたいと思います。」

うまじ温泉のバラ風呂は、5月と6月は毎週水曜日に、8月から来年3月にかけては毎月1日に楽しむことができます。

そして母の日には、通常の3倍の広さの浴槽で、もちろんバラも3倍に増量された特別なバラ風呂が登場するということです。

最終更新:5/11(木) 11:45

テレビ高知