ここから本文です

「アロンソが3冠を取るのは時間の問題」とマーク・ウェーバーが太鼓判

5/11(木) 7:46配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、今月に行われるインディ500に参戦するべく準備を進めている。

【ギャラリー】アロンソ、インディ500に向けテストを実施

 昨年レースを引退をしたマーク・ウェーバーは、そのアロンソが世界三大レース(F1モナコGP、インディ500、ル・マン24時間レース)を制する2人目のドライバーになるのも、時間の問題だと考えているようだ。

「彼は今後10年間以内にそれを成し遂げることだろう。急ぐ必要はない」とウェーバーはアロンソについて語った。

「インディ500を易々とクリアすることは難しいだろうが、きっと彼は達成すると僕は信じている。彼はインディ500を制するまで時間をかけることができるだろうし、ル・マンに関しても同じことが言える」

 現状、WEC(世界耐久選手権)LMP1クラスに参戦するポルシェとトヨタは、来季のル・マン24時間レースにアロンソを起用する余地はないと明らかにしている。それでもウェーバーは親友のアロンソが、3冠の王者であるグラハム・ヒルに次ぐ、2人目の王者になる可能性があると信じている。

「彼のスキルに疑う余地はない。インディ500とル・マンで勝てると信じているよ。彼はハングリー精神と思考力を持っている」

「どこまでもチャレンジャーな彼に脱帽だよ」

 ウェーバーは、アロンソがインディ500に参戦すると報告してきた時、初めは冗談だと思ったというエピソードを明かした。それほどアロンソは、これまでの自分のキャリアにおいて、インディ500でのレースに関心を持っていなかったようだ。

Gary Watkins