ここから本文です

キューバの18歳、ホークスが二刀流で育成へ WBC左腕モイネロも育成契約

西日本スポーツ 5/11(木) 6:01配信

 福岡ソフトバンクは10日、3月の第4回WBCにキューバ代表で出場した左腕のリバン・モイネロ投手(21)と、2015年U-18(18歳以下)W杯に同国代表の4番として出場した、内外野を守れ投手経験もあるオスカー・コラス選手(18)を育成選手として契約したと発表した。ともに1年契約で年俸1000万円(推定)。背番号はモイネロが「143」、コラスが「144」と発表された。

 左投げ左打ちのコラスについて、球団は「内外野手/投手」と発表した。三笠杉彦球団統括本部副本部長は「打者であり投手もやっている。野球選手としてのポテンシャルは高い。短期ではなく中長期的に見て、すごい選手になってくれるんじゃないか」と説明。「フロントでしか見ていないので、現場で適性を見ながら」としたものの、当分は登録を決めずに二刀流として、育成していく方針だ。

 左腕のモイネロはデスパイネとともにWBCにキューバ代表として出場し、計3イニングを投げ7三振を奪った。同副本部長は「若い投手ですが代表の経験もある。左の中継ぎとして期待している。育成ですが、ある程度活躍してくれるのではないか」と、早期の支配下登録にも含みを持たせた。来日は5月下旬を予定している。

西日本スポーツ

最終更新:5/11(木) 6:01

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 17:10