ここから本文です

【クールビズ到来】発表! 日本橋タカシマヤ売れ筋トップ3

TOKYO FM+ 5/11(木) 11:30配信

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。5月9日(火)放送の「TREND EYES」コーナーでは、日本橋タカシマヤによるクールビズ関連商品の売れ筋トップ3を紹介しました。

まず第3位は、「マドラス・モデーロ 洗える牛革靴」。
夏のビジネスシューズで特に気になるのが“蒸れ”と“ニオイ”ですが、この2つを解消してくれるのがこの靴。
革なのに水拭き、水洗いが出来るうえに、靴の中は撥水加工が施されメッシュ構造になっているので蒸れにくいそうです。また、ニオイが付着しやすい中敷も水洗い可能で、しかもスペア付き。さらにデザインもトレンドをしっかりおさえているのも人気の理由なのだとか。

続いて第2位は、「タカシマヤ ハイブリッド和紙混ジャケット」。
この商品はタカシマヤが素材開発したジャケットで、さらっとして軽い日本の伝統素材「美濃和紙」を使っています。その名の通り素材に和紙を混ぜているので、汗のニオイを消し、速乾性が優れているだけでなく、軽い着心地でシワになりにくいので人気が高いそうです。

そして栄えある第1位は、「タカシマヤ ハイブリッドシルク混ジャケット」。
こちらの商品も、タカシマヤが素材開発したジャケット。素材にシルクを混ぜているのでシルクならではの上質感、フォーマル感が漂う一着となっています。
もちろん機能性も優れていて、汗のニオイを消し、吸水速乾性も備えていて、通常の夏物ジャケットに比べて約200グラム(缶コーヒーのショート缶1本相当)軽いのも嬉しいポイント! さらに、家で手軽に手洗い出来るとあって売れ筋第1位なのも頷けます。

2005年の提唱から今年で12年が経過したクールビズですが、ここ最近はサンダル履きなどカジュアル化が行き過ぎた感もありました。
日本橋タカシマヤによると、今年の傾向はキチンとした格好、フォーマル志向に変わってきており、ファッション性と機能性の両方を兼ね備えているものが売れ筋なのだそうです。

そして、やはり夏場は“汗”“蒸れ”“ニオイ”はつきもの。
それだけに、“清潔感”が必須とされるビジネスマンにとって、手軽に家で洗えるという商品に人気が集まっているようです。

夏のビジネスシーンを爽やかに乗り切るためにも、今回の「クールビズの売れ筋トップ3」をぜひ参考にしてみてください。

(TOKYO FM「クロノス」2017年5月9日放送より)

最終更新:5/11(木) 11:30

TOKYO FM+