ここから本文です

スバル、新型WRXの価格は約307万円から…まもなく北米で発売

オートックワン 5/11(木) 11:16配信

北米で間もなく発売される2018年モデルのスバル 新型WRXの価格が判明した。

新型WRXが2万6995ドル~3万2795ドルで、日本円でおよそ307万円~373万円。一方、新型WRX STIは3万6095ドル~4万895ドルで、日本円でおよそ411万円~466万円となる見込みだ。

【画像】スバル 2018年モデル 新型WRX/WRX STIの写真を見る

※1ドル114円で計算(5月11日現在)

2016年1月に開催されたデトロイトモーターショーで初公開された2018年モデル新型となるWRX/WRX STIは、走行性能・安全性能・実用性といった、WRXシリーズやスバル車ならではの価値がさらに進化した。

エクステリアは、フロントフェイスが変更され、ロアグリルの開口部が大きくなるなど、よりスポーティでアグレッシブなデザインに。WRXには18インチアルミホイールが、WRX STIには新開発の19インチタイヤ・アルミホイールが採用される。

インテリアは、ブラック調パーツをドアスイッチパネル等の随所に採用し、質感が向上。またフロントシートにはレカロ社製電動パワーシートはスバルとして初採用される。

WRXシリーズに求められる高い走行性能については、サスペンション設定の最適化等により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上。

また、WRX STIには新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)等を採用し、WRXシリーズのトップグレードに相応しい走行性能を実現した。

【スバル 2018年モデル 新型WRX スペック(米国仕様)】
全長×全幅×全高:4595×1795×1475(mm)
ホイールベース:2650mm
エンジン:2リッター水平対向直噴ターボ FA20エンジン
排気量:1998cc
トランスミッション:6MT/マニュアルモード付スポーツリニアトロニックCVT
最高出力:268hp/5600rpm
最大トルク:258lb.-ft./2000-5200rpm
タイヤサイズ:235/45 R17/245/40 R18

【スバル 2018年モデル 新型WRX STI スペック(米国仕様)】
全長×全幅×全高:4595×1795×1475(mm)
ホイールベース:2650mm
エンジン:2.5リッター水平対向ターボ EJ25エンジン
排気量:2457cc
トランスミッション:6MT
最高出力:305hp/6000rpm
最大トルク:290lb.-ft./4000rpm
タイヤサイズ:245/35 R19

最終更新:5/11(木) 11:16

オートックワン