ここから本文です

「みんなと同じように生きていたい」慶應大のLGBTサークルのメンバーの語る当事者の思い。

BuzzFeed Japan 5/9(火) 19:59配信

自分の通っている大学にLGBTサークルがあると知った。

最近、LGBTという言葉をよく聞く。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を合わせた言葉だという。私は今までの20年間の人生で、LGBTの人たちに会ったことはないと思っていた。しかし、自分の通っている慶應大学にもLGBTサークルがあると知り、身近さに驚いた。学校でのいじめなど暗い話も聞くけれど、実際のところ彼らはどんな学生生活を送っているのか。話を聞かせてもらった。【BuzzFeed Japan / 中園 菫】

慶應義塾大学のサークル「LGBT塾生会」。

取材に応じてくれたのは、ザッキーさん(慶應義塾大学法学部3年生)と、レロさん(慶應義塾大学博士課程2年生)だ。
ザッキーさんは性自認が女性で、恋愛対象は女性のレズビアン。レロさんは女性で、恋愛対象は「ほとんど女性」だという。

サークル活動の内容は、動物園に行ったり、花見をしたり、横浜観光したり、カラオケに行ったり、みんなでワイワイすること。

ザッキーさんが、LGBTサークルに入ろうと思ったのは、同じ立場の友達が欲しかったからだ。ネットのLGBTコミュニティとは違い、同じ大学のだいたい同じ年齢の人と出会うことができ、安心感があったそうだ。
彼女がサークルで一番楽しかったイベントはクリスマス会だという。
「授業のあとに集まって、オリジンでプレートとケーキを買ってきてみんなで食べて、プレゼント交換しました。私はカードケースをもらいました(笑)」

ザッキーさんが、LGBTサークルに入ろうと思ったのは、同じ立場の友達が欲しかったからだ。ネットのLGBTコミュニティとは違い、同じ大学のだいたい同じ年齢の人と出会うことができ、安心感があったそうだ。
彼女がサークルで一番楽しかったイベントはクリスマス会だという。
「授業のあとに集まって、オリジンでプレートとケーキを買ってきてみんなで食べて、プレゼント交換しました。私はカードケースをもらいました(笑)」

レロさんは、カラオケが楽しかったと話す。
「私、アイドルが好きなんです。サークルの子が企画してくれた、女性アイドル縛りのカラオケで、SKEやハロプロのMVを見ながら歌いました」

1/2ページ

最終更新:5/9(火) 19:59

BuzzFeed Japan