ここから本文です

中島健人さん、芳根京子さんら出演 秩父舞台ここさけ実写映画に期待

埼玉新聞 5/11(木) 10:30配信

 埼玉県の秩父を舞台にした劇場版オリジナルアニメ「心が叫びたがってるんだ。」(ここさけ)の実写映画が7月22日から全国公開される。撮影は3月14日から秩父を中心に行われ、4月23日にクランクアップ。秩父の各所が登場するため、地元では「聖地巡礼」と称して再び大勢のファンが現地を訪れることも期待している。

 ここさけは幼少期の出来事がトラウマとなって言葉を封印された少女をはじめ、高校生4人が織り成す青春群像劇。秩父を舞台に2011年にテレビ放映されたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)の中心スタッフが製作を手掛けた。15年9月19日に公開され、大ヒットを記録していた。

 実写映画は人気アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人さんが坂上拓実役で主演、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で活躍した芳根京子さんが成瀬順役でヒロインを担当。仁藤菜月役はダンス&ボーカルグループ「E―girls」の石井杏奈さん、田崎大樹役は俳優の佐藤浩市さんの息子寛一郎さんが務める。

 撮影は秩父市内の旧秩父橋や番場通り、秩父宮記念市民会館などで実施。4月9日には、横瀬町の札所10番大慈寺に屋台が並び、縁日を再現した。高校生4人のほかに大勢のエキストラも加わり、重要なシーンが撮られた。緊張感が張り詰める中、1シーンずつを丁寧に撮影していた。

 秩父アニメツーリズム実行委員会は31日まで、実写映画化を記念し、ここさけの聖地巡礼を楽しむ街中回遊イベントを開催中。同実行委事務局の市観光課は「夏休みに若い人が聖地巡礼に来てくれることを期待している。イベントも仕掛けていきたい」と話していた。

最終更新:5/11(木) 10:30

埼玉新聞