ここから本文です

大和田仁美×大塚明夫×松風雅也、アニメ『アリスと蔵六』の魅力を大いに語る!

5/11(木) 16:40配信

トレンドニュース(GYAO)

紗名(さな)役の大和田仁美、蔵六役の大塚明夫、鬼頭役の松風雅也たち出演声優が集まり、放送中のアニメ『アリスと蔵六』の魅力を語り合った。蔵六役を演じる大塚は、“普通の老人”を初めて演じる楽しさを明かした。

【無料配信】大塚明夫、松風雅也が登場! 新アニメ『アリスと蔵六』を語りつくす>>

同アニメは、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で新人賞を受賞した、今井哲也による同名漫画が原作。自分の想像を具現化できる“アリスの夢”と呼ばれる特殊能力を持つ少女・紗名が、花屋の頑固じじい・蔵六と出会い、成長していく物語だ。

アニメが5話まで放送され、これから物語が第2部に突入するにあたり、出演声優たちが物語を今一度振り返る特番が、5月11日に映像配信サービス「GYAO!」にて公開された。『攻殻機動隊』シリーズのバトーや、『紅の豚』カーチスなど、さまざまな役を演じてきた大塚明夫だが、“普通の老人”役は蔵六が初めてだったらしい。「ただのおじいさんを演じたのは初めてだから、楽しくて仕方ない。思ったより、おじいさん役がすんなりと(演じられた)。……だいぶ自分もおじいさんになってきたから、それが影響しているのかな」と茶目っ気たっぷりに蔵六を演じる楽しさについて話した。他にも出演声優3人は、お気に入りのシーンやセリフなどを語り合った。

なお、「GYAO!」では、5月13日12時~14日23時59分の期間限定で、『アリスと蔵六』の第1部(1~5話)を一挙無料配信する。

(文/原田美紗@HEW)