ここから本文です

21日に山口市徳佐でお田植祭り

宇部日報 5/11(木) 14:02配信

「はやしだ」の披露や女尻相撲

 第19回お田植え祭りは、21日午前9時半から山口市阿東徳佐上の道の駅「願成就温泉」前の田んぼで開かれる。徳佐小の児童らが田植えばやし「はやしだ」を披露する他、水田でのフラッグ、女尻相撲、宝探しなどがある。雨天中止。徳佐はやしだ保存会、県央商工会青年部でつくる同実行委員会主催。

 田植えばやしは、平安時代ごろから全国に広まった豊作祈願の踊り。阿東徳佐地域では、後継者不足などで何度か中断したが、1985年に保存会を結成。92年から授業の一貫として小学生も練習し、地域のイベントなどで披露している。今回は、5・6年生約30人と同保存会の会員が出演。手植えをする早乙女に扮(ふん)したり、笛や太鼓を演奏したりする。

 フラッグ、女尻相撲、宝探しは、当日参加もできる。対象は、フラッグが小学生、女尻相撲が中学生以上の女性。宝探しは、小学生まで(未就学児は保護者同伴)で、先着50人。フラッグと女尻相撲は参加費500円(宝探しは無料)。泥まみれになってもよい服装で参加すること。問い合わせは県央商工会阿東支所(電話083-956-0032)へ。

最終更新:5/11(木) 14:02

宇部日報