ここから本文です

波乱 ワウリンカ初戦敗退、ジョコビッチや錦織らは3回戦へ<男子テニス>

5/11(木) 8:04配信

tennis365.net

ムチュア・マドリッド・オープン

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)は世界ランク52位のB・ペール(フランス)に5-7, 6-4, 2-6のフルセットで敗れ、初戦敗退の波乱に見舞われた。

【錦織vsフェレール 1ポイント速報】

この日、2013年に準優勝を飾ったワウリンカは第2セットを奪い返すも、ファイナルセットは1度もブレークチャンスを掴むことが出来ず1時間48分で敗退。

両者は今回が10度目の対戦で、ワウリンカの7勝3敗となった。

勝利したペールは、3回戦でP・クエバス(ウルグアイ)と対戦する。クエバスは2回戦でN・マウー(フランス)を逆転で下しての勝ち上がり。

その他のシード勢では第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのR・ナダル(スペイン)、第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第6シードの錦織圭らが3回戦進出を果たした。

また、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)は初戦の2回戦でA・ズベレフ(ドイツ)に逆転負け、D・フェレール(スペイン)と対戦予定だった第10シードのJW・ツォンガ(フランス)は試合前に棄権した。

tennis365.net

最終更新:5/11(木) 8:18
tennis365.net