ここから本文です

校長、教頭の処分相次ぐ 長崎県教委、不祥事根絶呼掛け 職務の自覚や綱紀守る意識欠如か

長崎新聞 5/11(木) 9:52配信

 今年に入って長崎県内の公立小中学校の教職員の不祥事が続き、中でも校長と教頭の処分が相次いでいる。事態は深刻として県教委は、10日を皮切りに各地で開かれる校長会で不祥事の根絶を呼び掛ける。

 10日に大村市で開かれた県校長会研究大会。池松誠二県教育長は不祥事について「管理職になれば社会全体における影響は甚大。自らを厳しく律し、部下に対し心に刻まれる指導をしてほしい」と厳しい表情で語った。

 2016年度の懲戒処分は盗撮や体罰、住居侵入の5件で処分人数は5人。15年度の9件10人と比べるとほぼ半減した。13件21人の大量処分があった10年度以降、県教委は毎月、不祥事根絶を教職員に呼び掛ける「コンプライアンス通信」を作り、全公立学校に配布している。不祥事を防止するためのポイントなどをまとめた資料を作成するなど不祥事根絶に向けたさまざまな取り組みに「一定効果が出ている」とみる。

 ただ、3月と4月に管理職の不祥事が発覚した。3月10日の会見で、五島市内の小学校の男性校長(51)が同市内の民家に浴室の窓から侵入し、家人に気付かれ逃げるという住居侵入事件を起こしたとして停職6カ月、教諭へ降任する処分を発表。

 4月21日の会見では、他校に勤める女性教職員に飲食店から自宅まで車で送ってもらった際、車内で肩を抱き寄せ、キスするなどセクハラ行為をしたとして、東彼杵郡の小学校男性教頭(57)を停職2カ月、教諭へ降任する処分とした。

 県教委は要因について、職務に対する自覚や法令順守など綱紀保持に対する意識の欠如などがあるとみている。ただ、具体的な対策はなく「県校長会や県内各地区の校長会で県教委の職員が出向き、不祥事の根絶を強く呼び掛けたい」としている。

長崎新聞社

最終更新:5/11(木) 9:52

長崎新聞