ここから本文です

《ブラジル》憩の園=絵画や日本語書籍等を安売り=文化スペースをオープン!

5/11(木) 6:11配信

ニッケイ新聞

 寄付された日系画家の絵画や、日本語書籍や衣類、日用品などの新古品や中古品を販売する「エスパッソ・クルツラル(文化スペース)」が、11日午前9時から救済会「憩の園」(佐藤直会長)の聖市文協4階(Rua Sao Joaquim, 381)の同事務所にオープンする。
 良質なものが多く、通常の3~4割引きの価格で購入でき、その資金は運営資金に充てられる。同園関係者は「ぜひのぞいてみて」と呼びかけている。
 また同園では、使わなくなった書籍や衣類、家具、家電などの日用品の回収も行っている。大きいものであれば直接専用トラックで自宅まで引き取りに行くことも可能とのこと。問合せは、同園(11・2480・1122)まで。

□関連コラム□大耳小耳

 救済会に新品や古い衣服や家具、中古家電品(故障品でも可)を寄付する場合は、電話(11・2480・2256/11・2480・4203)すればトラックで回収に来る。またノッタ・フィスカル・パウリスタ(NFP)の寄付も可能。店やレストランで「NFPがいりますか?」と聞かれたら、「CPFなしで」と注文し、出されたNFPを次の20日(できれば2日前)までに救済会事務所(文協4階)に持っていけば寄付になる。もしくは憩の園サイトの寄付ページ(http://ikoinosono.org.br/wordpress/nf-paulista/)からそのNFPの番号を登録すれば寄付になり、事務所に行く必要はない。問い合わせは電話11・3209・0215、マルセラ、nfpaulista@ikoinosono.org.br)まで。

最終更新:5/11(木) 6:16
ニッケイ新聞