ここから本文です

西武ちぐはぐ逆転負け 十亀乱調、5回で123球費やす 辻監督は「凡戦だったな」

西日本スポーツ 5/11(木) 7:01配信

 ちぐはぐな試合運びで勝率5割復帰を逃し、試合後の辻監督は「凡戦だったな」とため息をついた。先発の十亀は5回で123球を費やして降板。初回に先制した打線は、2回以降に先頭打者が4度も出塁しながら追加点を奪えなかった。

【写真】西武が限定ユニホーム 赤を基調の「炎獅子」

 十亀は初回にレアードに同点打を浴び、3回もレアードに勝ち越し打を許した。いずれも追い込んでから外角の変化球を捉えられた。土肥投手コーチは「内角を突かないと踏み込まれる」と指摘。今季2敗目を喫した十亀も「内角に投げきれなかった」と悔やんだ。

 4月を貯金2で終えながら、5月は2勝6敗と黒星が大きく先行。辻監督も「(十亀は)あれだけ投げたらね…。点が入らなかったのもリズムの悪さかな」と苦言を呈した。4番中村の先制打も勝利を呼べず、乗り切れない戦いが続く。

西日本スポーツ

最終更新:5/11(木) 7:01

西日本スポーツ