ここから本文です

シャラポワ撃破ブシャール、相手棄権で8強へ<女子テニス>

tennis365.net 5/11(木) 11:30配信

ムチュア・マドリッド・オープン

女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、プレミアマンダトリー)は10日、シングルス3回戦が行われ、2回戦でM・シャラポワ(ロシア)との因縁対決を制した世界ランク60位のE・ブシャール(カナダ)は第1シードのA・ケルバー(ドイツ)の途中棄権により、ベスト8へ駒を進めた。

【錦織vsフェレール 1ポイント速報】

今年は6大会で初戦敗退など苦しい時期を送っていたブシャールは、今大会の1回戦でA・コルネ(フランス)を下すと、2回戦では2014年のムチュア・マドリッド・オープンを制したシャラポワにフルセットで勝利。さらに、この日はケルバーの途中棄権により労せず8強入りとなった。

準々決勝では、第8シードのS・クズネツォワ(ロシア)と対戦する。

その他のシード勢では第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)、第14シードのK・ムラデノヴィック(フランス)もベスト8進出を果たした。

日本勢では土居美咲がS・キルスチャ(ルーマニア)と対戦したが、5-7, 6-3, 1-6のフルセットで敗れて3回戦で力尽きた。

tennis365.net

最終更新:5/11(木) 11:30

tennis365.net