ここから本文です

八高専が文科大臣賞 英検合格者、全国高専で最多

デーリー東北新聞社 5/11(木) 11:17配信

 青森県八戸市の八戸工業高等専門学校=圓山(まるやま)重直校長=が、2016年度の英検合格者が全国の高専で最も多かったとして、日本英語検定協会から文部科学大臣賞を初めて受賞した。同校が近年力を入れている英語教育が評価され、コミュニケーション能力の高い人材育成に向け、自信と励みになりそうだ。

 同校では16年度、過去最高となる231人が英検1級~3級に合格した。世界で活躍できるエンジニアを育てる狙いで受検対策に取り組む一方、英語を生かしたコミュニケーション力の向上を重視。インターネットを活用した英会話、海外研修、外国人による授業など、多くのプログラムを導入している。

 4月25日に行われた1年生の授業では、サッカー男子日本代表の本田圭佑選手が、英語でインタビューに答える映像を見ながら学習するなど、生徒や学生の興味を引く試みも。海外での仕事に興味があるという1年生の五十嵐慧(けい)さん(15)は「コミュニケーションで学ぶ英語は定着しやすいのでがんばりたい」と意欲を見せた。

 指導に当たった英語科主任の阿部恵教授(53)は「簡単な英語でも英会話は成立する。まず自信を持って話して」と強調。「英検はあくまでも目安。英語でコミュニケーションがとれるように今後も指導していきたい」と話していた。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/11(木) 11:17

デーリー東北新聞社