ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】京浜急行線の品川駅構内にSFマシンが登場。搭乗体験のチャンスも!

motorsport.com 日本版 5/11(木) 13:29配信

 現在、京浜急行線品川駅の構内にある「アシックスステーションストア品川」に、P.MU / CERUMO・INGINGの2013年マシンが5月末まで展示されている。

【写真】駅構内にあるアシックスステーションストア品川。商品購入者には本物のマシンで搭乗体験も!

 アシックスは、2016年からINGINGモータースポーツとサポート契約を結んでおり、チームのメカニックやピットクルーが同社の製品を履いて、レース現場で戦っている。

 アシックスステーションストア品川では現在、建築現場やレースにおけるピットクルーなど、専門性の高い作業用の商品群「ワークプロダクト」の最新ラインアップやキャンペーンを発信している。

 その一環として、店舗内に実際にレースに使用されたP.MU / CERUMO・INGINGのスーパーフォーミュラマシン(2013年仕様、国本雄資車)が展示されている。

 さらに、店内の商品を購入した全員を対象に、コックピットへの搭乗体験や、ヘッドマウントディスプレイを装着して、コースの走行映像を体感できるという特典が付いているのだ。

 映像は国本が今年仕様のマシンで鈴鹿を走った際のモノ。国本が実際に使用したシートに身体を預け、ステアリングを握りながら見る映像のリアルさは、めったに体験できないものになるだろう。

 今回の企画発表会には、P.MU / CERUMO・INGINGの石浦宏明が参加。ピットクルーが実際に履いているワークシューズを履いての登場だったが、「思った以上に軽くてびっくりしました」と語った。

 さらに石浦は「スーパーフォーミュラではピット作業の際にマシンを飛び越えたりするので、この軽さは武器になっています」と付け加えた。

 ストアでは防水・透湿性に優れたシューズのほか、接触涼感素材などを駆使した機能性のインナーなども販売されている。サーキットを訪れるファンにとっても、急な悪天候や、これから暑くなるシーズンに向けて心強い味方になってくれそうだ。

 間近にSFマシンを見られる貴重な機会に、京急品川駅のホームにあるストアに立ち寄ってみてはいかがだろうか?

松本和己

最終更新:5/11(木) 13:29

motorsport.com 日本版