ここから本文です

“キックの達人”ネイマール、師匠に陶酔「ボールの蹴り方なんかを教わってる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5/11(木) 12:12配信

「多くを学ばせてもらってる」

スペインのバルセロナでプレイするブラジル代表FWネイマールが、同僚であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのチーム残留を願っている。

かねてよりメッシを信奉し、その憧れを口にしてきたネイマール。最前線ではウルグアイ代表FWルイス・スアレスも含めたMSNを形成し、世界中のDFを怖がらせてきたブラジルの至宝が、『beIN Sports』の取材に応じ、天才との競演を続行させることを望んだ。

「僕はメッシがクラブと契約を延長してくれるように願ってるんだ。そのためにもバルセロナには精一杯努力してもらいたいね。メッシとはこのチームで4年間を共に過ごし、多くを学ばせてもらってるよ。どんな風にボールを蹴るか、とか、ゲームの中での集中力の高め方なんかをね。メッシは他の星からやってきた存在なんだよ」

いまやヨーロッパサッカー界を席巻するネイマールですら、メッシから“ボールの蹴り方”を教わっているという。現在はクリスティアーノ・ロナウドと共にバロンドールを独占するメッシだが、ネイマールがその領域へと達するには、他でもなくメッシの“教育”が不可欠なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/11(木) 12:12

theWORLD(ザ・ワールド)