ここから本文です

工藤監督も絶賛の火消し ソフトB森、ピンチでの救援で光った瞬間的な判断

5/11(木) 9:11配信

Full-Count

スクイズに高めストレートで対応「1ボールになっても勝負できる」

 10日のオリックス戦の7回、1死一、三塁という大ピンチでマウンドに上がったソフトバンク森唯斗。スクイズを仕掛けてきた武田健吾を捕邪飛に打ち取ると、続く西野真弘は一塁ゴロに抑え、オリックスに勝ち越しを許さなかった。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 しびれる場面だった。2-2の同点で迎えた7回表、先発の東浜巨が作った1死一、三塁のピンチでマウンドへ。最初の打者・武田がいきなりスクイズを仕掛けてきた。

「バッターが構えたのがわかった。1ボールになっても勝負できる」と瞬間的に判断して、高めのボールゾーンにストレートを投げ込んだ。武田が慌ててバットに当てにいったが、打球は高々とファールゾーンに舞い上がった。森は自らが捕球するような勢いでマウンドを降りて打球を追いかけたが、最後は甲斐拓也がキャッチした。

 続く西野にはカウント3-0となったが、そこから開き直ったかのような真ん中のストレート勝負。フルカウントからの6球目で一塁ゴロに打ち取ってチームのピンチを救った。

 チームは3-2で延長10回サヨナラ勝ち。工藤公康監督は試合後に「投手のヒーローは森くん」と語っていたことを伝えると「ほんとに?」と一瞬はにかみながら「抑えられてよかった。また明日もがんばりま~す!」と少し軽い調子で自らの車に乗り込んだ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:5/11(木) 9:13
Full-Count