ここから本文です

歯科医を刺した医大生、白衣持参で犯行

ホウドウキョク 5/11(木) 20:18配信

ホウドウキョク

東京医科歯科大学の付属病院で、男性歯科医が腹などを切りつけられた事件で、逮捕された医学生の男が、自宅から白衣を持参して犯行に及んでいたことが、新たにわかった。
9日、東京・文京区の東京医科歯科大学の付属病院で、41歳の歯科医の男性の腹や首をナイフなどで切りつけ現行犯で逮捕された日本医科大学医学部生の渡辺祐介容疑者(30)は、11日朝に送検された。
渡辺容疑者は犯行時、白衣を着ていたが「白衣は自宅から持ってきて、途中で着替えた」、「刃物は、白衣の内側に隠して持ってきた」などと供述していることがわかった。
渡辺容疑者は、被害者の男性と女性関係をめぐってトラブルとなっていて、警視庁は、計画的な犯行とみて調べている。

最終更新:5/11(木) 20:18

ホウドウキョク