ここから本文です

キリオス快勝 3回戦は過去1勝1敗のナダル<男子テニス>

5/11(木) 14:46配信

tennis365.net

ムチュア・マドリッド・オープン

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、第16シードのN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク47位のR・ハリソン(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで下し、3年連続のベスト16進出を果たした。

【錦織vsフェレール 1ポイント速報】

この日、キリオスはサービスゲームでわずか1ポイントしか与えず、第1セットを先取。続く第2セットでもサービスゲームを有利に進めると、第6ゲームでブレークに成功し、58分で勝利した。

3回戦では、第4シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。両者は今回が3度目の対戦で、1勝1敗。

キリオスは出場予定だったモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)とエストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、クレー、ATP250)を欠場したため、今大会が約1カ月ぶりの実戦。

過去のムチュア・マドリッド・オープンでは2015年にR・フェデラー(スイス)ら、2016年にS・ワウリンカ(スイス)らを破っている。昨年は準々決勝で錦織圭に敗れた。

また、第6シードの錦織は同日の2回戦で世界ランク40位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)を1-6, 6-0, 6-4の逆転で下した。3回戦では、D・フェレール(スペイン)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:5/11(木) 14:46
tennis365.net