ここから本文です

新日鉄住金ステンレス、5月契約のNi系冷薄据え置き

5/11(木) 12:16配信

日刊産業新聞

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は10日、国内店売り向け冷延薄板および厚中板の5月契約価格について、ニッケル系冷薄は前月比据え置き、クロム系冷薄はトン5000円引き上げ、厚中板は同1万円引き下げると発表した。アロイリンク方式(ニッケル価格、クロム価格、為替変動の計算式)に基づくアロイ価格が月間平均で下がったためニッケル系でトン1万円、クロム系で5000円の下げとなったが、冷薄(ニッケル系・クロム系)は需給タイト化を理由にベース価格を1万円引き上げた。厚中板の値下げは昨年6月契約以来。

最終更新:5/11(木) 12:16
日刊産業新聞