ここから本文です

『協力できて良かった』 ロッテ・井口選手、福島・須賀川に車椅子寄贈

福島民友新聞 5/11(木) 11:40配信

 福島県須賀川市役所新庁舎が開庁した8日、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの井口資仁選手は市役所を訪れ、市に車椅子3台を贈った。

 平田村出身の我妻照男さんが会長・社長を務めるアポロメディカルホールディングス(東京)に事務局がある「愛基金」の代表を井口選手が務め、同市に新庁舎建設資金としてファンや自身の浄財計300万円を寄付するなどした縁で車椅子を贈った。

 車椅子は市社会福祉協議会で活用される。

 贈呈式では、井口選手が「微力だが協力できて良かった。これからも支援したい」と橋本市長に目録を手渡した。

福島民友新聞

最終更新:5/11(木) 11:40

福島民友新聞