ここから本文です

岡崎慎司のライバルも見つかるかも? レスター地元紙がデフォーら“降格組“の選手獲得を議論

theWORLD(ザ・ワールド) 5/11(木) 18:10配信

降格組から引き抜きを

1部のクラブにとって、2部に降格するチームの主力選手は実に狙いやすいターゲットになる。特に下位、中堅クラブは戦力アップへ降格組の中から引き抜きを狙うケースも多い。

アグエロが振り返る優勝決めた悪童との”伝説ワンツー”

そこでレスター地元紙『Leicester Mercury』は、降格しそうなスウォンジー、ハル・シティ、そして降格が決定しているミドルズブラとサンダーランドからレスター・シティに加えるべき選手はいるか議論している。

人気株はサンダーランドGKジョーダン・ピックフォードだ。同選手にはマンチェスター・シティ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドなども興味を示していると言われており、争奪戦になるだろう。レスターはカスパー・シュマイケルに頼り切りなところがあるため、23歳と若いピックフォードは魅力的な人材だ。

さらにサンダーランドで見逃してはならないのがFWジャーメイン・デフォーだ。その得点率はベテランになった今でも健在で、今季も15得点を記録。これはレスターに所属するFWの誰よりも多い数字で、非常に魅力的だ。同メディアはレスターのハードワークするスタイルにデフォーが合うかは不透明と伝えているものの、仮に獲得されれば日本代表FW岡崎慎司にとっては厄介な相手になるかもしれない。

ミドルズブラからはガストン・ラミレスだ。レスターは今夏にリヤド・マフレズを失う可能性があり、チャンスメイカーは補強ポイントの1つだ。昨夏獲得されたアーメド・ムサもここまでプランに入っているとは言えない状況で、ラミレスのような人材は興味深い。

他にもスウォンジーMFギルフィ・シグルズソン、ハル・シティDFハリー・マグワイア、かつてレスターの下部組織でプレイしていたMFサム・クルーカスなどが挙げられている。レスターは来季再び欧州カップ戦出場の夢を狙いたいところだが、今夏にこうした下位に沈むクラブから有力選手を引き抜けるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/11(木) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合