ここから本文です

HIROプロデュース映画「たたら侍」 米国公開決定に「気が引き締まる」

5/11(木) 16:50配信

AbemaTIMES

 EXILEのHIROが初めてプロデュースした映画「たたら侍」(20日公開)のハリウッドプレミアが現地時間8日、エジプシャンシアターで行われ、主演を務めた劇団EXILEの青柳翔、EXILEのAKIRA、小林直己らとともに出席した。

 HIROは「海外の方は反応がストレートでシビアなんで自信にもなりましたし、今後の良いヒントにもなりました」とコメント。HIROが初プロデュースしたこの映画は戦国時代の島根・奥出雲の村を舞台に、伝統の継承を宿命づけられた青年(青柳)が、葛藤や挫折を経験して真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇。

 昨年9月、カナダのモントリオール世界映画祭で最優秀芸術賞を受賞、12の映画祭で19部門を受賞するなど海外での評価も高く、6月2日からアメリカ12都市で公開されることも決定した。

 尼子真之介を演じたAKIRAは「僕たちの求めていた映像美やたたら侍なりのメッセージ性を食いついて観てくださる方々が海を越えていらっしゃるということが、自分たちも感慨深いものがありますし、もっともっと自分たちも成長して頑張っていこうと」とコメントした。

 HIROはインタビューで「たたら侍をこれからたくさんの人に伝えていきたいです。日本中にも伝えていきたいですし、世界中にも伝えていきたい。良い意味で気が引き締まりました」と意欲的に語った。今後は海外での活動も積極的に行なっていくという。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/11(木) 16:50
AbemaTIMES