ここから本文です

退位法案要綱 各党了承

ホウドウキョク 5/11(木) 7:17配信

政府は10日、天皇陛下退位の特例法案の要綱を、衆参両院の正副議長と与野党各党に提示した。
大島衆院議長は「総じて骨格の部分については、私は総意が見つけられた。その総意に沿った案であると、このように評価しています」と述べた。
法案では、天皇としてのご活動の継続が困難となることを、陛下が「深く案じておられる」としたうえで、国民が「お気持ちを理解し、これに共感している」と明記している。
法案の要綱について、与党や民進党などは、3月の国会提言に沿った内容だと評価した。
出席した菅官房長官は、法案を19日に閣議決定する方針を伝えた。
自民・公明両党に加え、民進党なども法案に賛成する方針で、月内にも成立する見通し。

最終更新:5/11(木) 7:17

ホウドウキョク