ここから本文です

6歳未満男児から臓器移植

ホウドウキョク 5/11(木) 9:03配信

広島県内の病院で入院していた6歳未満の男の子が脳死と判定され、家族の承諾により、心臓や肺の提供が決まった。
6歳未満の子どもからの臓器移植は7例目で、摘出手術は11日に行われ、心臓が10歳未満の男の子に、肺が10歳未満の女の子に、それぞれ提供される予定。
男の子の両親は「楽しいことや食べること、音楽が大好きで、いつもわたしたちに笑顔と幸せを与えてくれた最愛の息子です。今までも、これからも、頑張り続ける息子のことを誇りに思い、敬意を表したいと思います」と話している。

最終更新:5/11(木) 9:03

ホウドウキョク