ここから本文です

『X‐MEN』スピンオフ新ドラマ、シリーズ化決定&ティザー予告解禁

クランクイン! 5/11(木) 16:00配信

 米Fox局とマーベルが進める『X‐MEN』スピンオフドラマのバイロット版が、海外ドラマ『トゥルーブラッド』シリーズの俳優スティーヴン・モイヤーや海外ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』の女優エイミー・アッカーなどのキャストで製作されていたが、『The Gifted(原題)』の正式タイトルでシリーズ化が決まったという。ティザー予告映像も公開された。

【関連】映画『X‐MEN:フューチャー&パスト』フォトギャラリー


 海外ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のマット・ニックスと映画『X‐MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督が、製作総指揮を務める『The Gifted』。ミュータントの子供とその両親が仲間を見つけ、自分達を追い詰める政府と存続を懸けて戦うさまを描く。

 米FX局の『X‐MEN』スピンオフドラマ『レギオン』が映画とは全く別個のシリーズになるのに対し、『The Gifted』は映画シリーズのカンパニオンシリーズとして、同じキャラクターが登場する可能性があるという。実際に、映画『X‐MEN:フューチャー&パスト』(14)でファン・ビンビンが演じたキャラクターのブリンクが『The Gifted』にも登場し、同作ではジェイミー・チャンが演じることが分かっている。

 約22秒のティザー予告編では、ミュータントの娘ローレン(ナタリー・アリン・リンド)が一緒にいる男の子に、スナックの自動販売機のお菓子を念力で下に落とし、その力を披露する画面が映しだされる。パトカーに囲まれている場面や、力のあまり自動販売機の電気がショートする場面などが次々に映しだされる中、エイミー演じるローレンの母ケイトの声で「障害でしかない」という言葉が聞こえる。それに対し、ローレンは「授けられた才能でもある」と力説するが…。

 シーズン1のエピソード数は不明。現地時間5月15日に公式予告編が解禁になるとのことだ。シーズン2が決定したFX局の『レギオン』のように、『The Gifted(原題)』も『X‐MEN』シリーズの新旧ファンを魅了するシリーズになることに期待したい。

最終更新:5/11(木) 16:00

クランクイン!