ここから本文です

横澤夏子&ジャンポケ斉藤が「美女」と「野獣」になりきり! “本家”との共演も実現

クランクイン! 5/11(木) 11:40配信

 『アナと雪の女王』を超えるスピードで興行収入を伸ばし続け、早くも興行収入70億円を突破した映画『美女と野獣』の大ヒット記念イベントが10日、都内で行なわれ、お笑い芸人の横澤夏子と斉藤慎二(ジャングルポケット)が登場。“ベルイエロー”のドレス姿の横澤と“野獣ブルー”の衣装を着た斉藤が、なりきりコーデで登場し、日本版デュエットソング「美女と野獣」を熱唱して会場を沸かせた。

【関連】『美女と野獣』大ヒット記念イベント<フォトギャラリー>


 本作は、『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー役を務めたエマ・ワトソンを主演に迎え、ディズニー・アニメーション不朽の名作を実写映画化した作品。魔女の呪いで野獣の姿になった王子が、美しいベルと出会うことで運命を変えていく。

 この日のMCは、ル・フウの吹替えを担当している藤井隆が務め、気持ちよく歌う2人を呼び寄せて紹介すると、横澤と斉藤は「夏美です」「育三郎です」と昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)になりきり自己紹介。なりきったままで「見どころは音楽。ミュージカルナンバーですね」と本作の魅力をアピールした。

 すでに本作を鑑賞している2人は「ベルになりたい!ベルが理想の女性なの!」(横澤)。「すでに3回観ています。音楽から感情が伝わってきます」(斉藤)。「晩餐会やボールルームでのシーンが最高!」と本作への愛が止まらない。

 そんな2人に藤井が再度のデュエットを求め、横澤と斉藤が歌いだすと、昆と山崎がサプライズで登場。本家の登場に、客席からは歓声と大きな拍手が起こった。

 本家本物とお笑い界の“ベルと野獣”という異色の共演が実現し、山崎にエスコートされながら客席を回った横澤はすっかりベル気分でルンルン。終始笑顔だった。4人の生歌を間近で堪能した観客からは大きな歓声が起き、終始大盛り上がりのイベントとなった。

 映画『美女と野獣』は現在上映中。

最終更新:5/11(木) 20:08

クランクイン!