ここから本文です

メルセデス対フェラーリのF1タイトル争い「カギになるのはタイヤではなく純粋なマシンの性能」とボッタス

5/11(木) 12:09配信

オートスポーツweb

 2017年F1序盤戦の優勝争いにおいてはタイヤをいかにうまくマネジメントできるかが重要だったものの、今後メルセデスとフェラーリがタイトルを争う上で、勝負を決めるのはマシンの純粋なパフォーマンスであると、バルテリ・ボッタスは予測している。

ロシアでF1初優勝を挙げたバルテリ・ボッタス

 今季4戦でセバスチャン・ベッテルが2勝を挙げており、フェラーリのマシンがタイヤに優しく、デグラデーションが低いことが勝利のカギになっている。

 そのアドバンテージにより、フェラーリはより積極的なタイヤ戦略を採ることができ、優勝したいずれのレースでもピットストップを利用して、ベッテルをルイス・ハミルトンのメルセデスの前へ送り出すことを可能にした。

 ボッタスはバーレーンGPで、ポールポジションからスタートしたものの、タイヤに問題を抱えてことで、勝利をつかむことができなかった。

 しかしながら、それはメルセデスとフェラーリの双方が2017年版ピレリを完全に理解するまでの問題であり、マシンの純粋なパフォーマンスが勝負を決定する要因になると、ボッタスは考えている。



「あらゆる路面であらゆるコンパウンドを使いこなし、どう機能するのかを把握するのはとても難しい」とボッタス。

「F1ではいつもそんな感じだけど、今の僕らのマシンはフェラーリと(性能が)ほぼ同じだから、タイヤのような小さなことが結果を左右する」

「結局、マシンと路面をつなげているのはそれ(タイヤ)だけなんだ」

「だけど、僕の考えでは、この先タイヤの話題はどんどん減っていくと思う」

「ドライバーやチームが、いったんさまざまな状況下でタイヤの力を目いっぱい引き出す方法を覚えてしまったら、おそらくタイヤの扱い方に関しては、みんなが同じレベルになるだろう」

「だから、タイヤについては話すことが少なくなり、今後はもっとマシンのことや、セットアップ、開発について語られるようになっていくはずだ」

 ボッタスは、メルセデス陣営が2017年シーズン序盤からのフェラーリの強さに驚いていることを認めた。今シーズンはレッドブルがメルセデスを脅かすことになるだろうと予測していたからだ。

「全く予期していなかったよ」と、ボッタスはフェラーリ復活について語った。
「驚くほど見事だ。フェラーリは昨年からすごく強力なマシンを開発し、とても良い冬を過ごした。大きな一歩だ」

「彼らは、(グランプリウイークエンドの)日曜は常に、どのサーキットでも上手くタイヤを扱っていて、すべてのタイヤのコンパウンドを熟知してきた。彼らは非常に良い仕事をした」

「そんな彼らに挑み、打ち負かすというのは、とてもよいチャレンジだと思うよ。もちろん、僕らの方がリードしていたかったけど」

「僕らは今シーズンに向けてもう少し良い成績を望んでいた。でも一般論としては競争があるというのはすごく良いことだと思う」

「(この状況が)僕らのやる気を高めてくれる。それによって、各レースの週末、全セッションがとても面白いものになる。僕らだけではなく、それはみんなにとってもだ」   

[オートスポーツweb ]