ここから本文です

トム・ヨーク、ホラー映画『サスペリア』リメイクでサントラを手掛けることが決定

RO69(アールオーロック) 5/11(木) 14:15配信

レディオヘッドのトム・ヨークが、映画のサウンド・トラックを手掛けることが決定した。

トム・ヨークが携わるのはイタリアの奇才、ダリオ・アルジェントのホラー・ムービーの傑作『サスペリア』(1977)のリメイク版。

同リメイクは『胸騒ぎのシチリア』などで知られる監督のルカ・グァダニーノがメガホンを取り、ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツらの出演がすでに決定している。

映画の公開日等の詳細は未定だが、バラエティ誌によると撮影はすでに終了しており、現在は編集の段階に入っているという。

ルカ・グァダニーノ監督はトムがスコアを手掛けることについて「彼のアートは時代性を超越するものだ。そんな彼が『サスペリア』に音楽を提供してくれるなんて、夢が叶った気分だ」と語っている。

トム・ヨークは今までにも『ベルベット・ゴールドマイン』やドキュメンタリー『The UK Gold(原題)』のサントラに参加した経験があるものの、サントラの作曲をしスコアを提供するのは初めて。

http://www.youtube.com/watch?v=Kqd8ChJ5xLk

一方で、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドもまた、リン・ラムジー監督の『You Were Never Really Here(原題)』でサウンド・トラックを手掛けることが明らかになっている。

RO69(アールオーロック)

最終更新:5/11(木) 14:15

RO69(アールオーロック)