ここから本文です

メッシが30歳のけじめ? 長年のパートナーと誕生日直後に挙式へ

5/11(木) 9:51配信

SOCCER KING

 バルセロナの大黒柱であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、長年のパートナーであるアントネージャさんとついに結婚式を挙げることが決定したようだ。

 メッシにとってアントネージャさんは、生まれ故郷であるロサリオ(アルゼンチン北東部)の幼馴染であり、交際期間はすでに10年を超えている。当初は遠距離恋愛を育んでいた2人だが、アントネージャさんがバルセロナに移住した2010年から同棲を始め、2012年11月にチアゴ君、2015年9月にマテオ君と2人の息子を授かっている。

 今年夏に挙式する計画を立てていると伝えられてきたメッシは、当初は30歳の誕生日を迎える6月24日を予定していたという。だが、スペインの週刊誌『Hola』によると、6日後の6月30日に変更したという。

 日取り以外は当初の予定通りとなっており、結婚式はロサリオの大聖堂にてカトリック形式で開催される。披露宴はメッシが帰郷した際に滞在する同市のアロージョ・セコ地区で行われるとのことだ。結婚式には親族などごく親しい間柄の人々しか参加しないものの、披露宴にはフットボール界の関係者、著名人や友人など700人近くが招待されているという。

 30歳を迎えてけじめを付ける形となったメッシ。挙式の時期として今年の夏を選んだのは、このオフにはアルゼンチン代表として出場するビッグトーナメントがないことが理由のようだ。今月27日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝をもって今シーズンを終了するメッシは、7月中旬にチームに再合流するまで1カ月半のバカンスを過ごせるため、結婚式の準備やハネムーンに充てる時間が十分に得られる見込みとなっている。

文=北村敦

SOCCER KING

最終更新:5/11(木) 9:51
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ