ここから本文です

クロップ監督、コウチーニョ流出を否定「契約解除には590億円」

5/11(木) 17:32配信

SOCCER KING

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、バルセロナへの移籍が噂されているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを手放す気はないようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が10日に報じた。

【動画】J2に“リアル若島津”!? GKがドリブルで敵陣に駆け上がる

 クロップ監督は同メディアからコウチーニョについて聞かれると、「いつ彼が契約更新にサインしたと思う?」と逆質問。さらに「契約解除金4億ポンド(約590億円)の新契約さ!」とおどけて畳み掛け、1月に新しく5年契約にサインしたばかりであることを強調した。

 さらに「売るつもりはまったくない。オーナーは我々の意に反した移籍はしないと言っている」と語り、放出を完全に否定した。

 また、「フレッシュな選手を何人か獲得したい。現メンバーが我々の許可なしにクラブを去ることはない。とてもリラックスしているよ」と付け加え、移籍期間に向けて落ち着いていることを明かした。

SOCCER KING

最終更新:5/11(木) 17:32
SOCCER KING