ここから本文です

新潟の新指揮官に呂比須氏が内定「とても光栄」…休養の三浦前監督は辞任

ゲキサカ 5/11(木) 17:44配信

 アルビレックス新潟は11日、新監督に呂比須ワグナー氏(48)の就任が内定したことを発表した。また、休養していた三浦文丈前監督(46)の辞任も同日に発表されている。

 元日本代表ストライカーの呂比須氏は現役引退後、2012年にG大阪のヘッドコーチも歴任。同年3月に解任され、その後はブラジルのクラブを指導していた。一方、三浦前監督は今季から新潟の指揮を執ったが、リーグ戦10試合を終えて1勝2分7敗の17位と低迷。7日に休養が発表され、片渕浩一郎コーチが暫定的にチームを率いていた。

 クラブ公式サイトを通じて呂比須氏は「このたびはアルビレックス新潟からチャンスを与えていただき、とても光栄です。 選手の皆さんとスタッフの皆さん、フロントの皆さん、そしてアルビレックス新潟のサポーターの皆さんと一緒に、一戦一戦、大事に戦って、自分のベストを尽くして、試合に勝てるようにがんばっていきます」と意気込みを語っている。

 また、辞任した三浦前監督もクラブ公式サイト上で「私を信じ、全力で応えてくれていた選手・スタッフには心から感謝をしていますし、導くことができず、申し訳なく思います。ホームはもちろん、アウェイでも、サポーターの皆様は常に大きな応援を送ってくださり、本当に励みになりました。 今後のアルビレックス新潟の健闘を心から祈っています。サポーターの皆様、クラブ・チームを引き続きサポートしていただけますよう、お願い申し上げます」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●呂比須ワグナー
(Wagner LOPES)
■生年月日
1969年1月29日(48歳)
■出身地
ブラジル・サンパウロ州
■選手歴
サンパウロ-日産自動車-日立/柏-本田技研-平塚-名古屋-FC東京-福岡
■指導歴
パウリスタ-PAEC-パウリスタ-G大阪-コメルシアル-パウリスタ-サンベルナルド-ボタフォゴ-クリシューマ-アトレチコ・ゴイアニエンセ-ゴイアス-ブラガンチーノ-アトレチコ・ゴイアニエンセ-サンパイオ・コレア-パラナ・クラブ

●三浦文丈
(みうら・ふみたけ)
■生年月日
1970年8月12日(46歳)
■出身地
静岡県
■選手歴
清水市立商業高-筑波大-横浜M-京都-磐田-FC東京
■指導歴
2007年:FC東京コーチ
2008年:FC東京U-15むさし コーチ
2009年:横浜FM コーチ
2010年-2012年:横浜FMJrユース 監督
2013年-2014年:新潟 コーチ
2015年:福岡 コーチ
2016年:長野 監督
2017年:新潟 監督

最終更新:5/11(木) 18:13

ゲキサカ