ここから本文です

青木宣親「青木封じ」で投入のフリーマンから中前打

日刊スポーツ 5/11(木) 10:10配信

<アストロズ8-3ブレーブス>◇9日(日本時間10日)◇ミニッツメイドパーク

 アストロズ青木が、ブレーブス戦に「9番左翼」で出場し、3打数1安打1打点。日米通算2000安打まであと「14」とした。

 第2打席まで一ゴロ、中飛と凡退していたが、6回裏2死三塁で迎えた第3打席。「青木封じ」で投入された左腕フリーマンに対し、ファウルで粘りながら8球目の外角スライダーを中前へ運んだ。「対応していくしかない。低めの方が見極めはできる」と、冷静に分析した末の適時打だった。(ヒューストン=四竈衛)

最終更新:5/11(木) 10:52

日刊スポーツ