ここから本文です

英中銀:スムーズな離脱なら利上げ加速も-家計には厳しいと総裁

5/11(木) 21:07配信

Bloomberg

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は11日の政策発表後に記者会見し、英国の家計は厳しい年を迎えるだろうと述べ、金利据え置きの正当性を強調した。外国為替市場ではポンドが下落した。

同総裁は欧州連合(EU)離脱が円滑に進むと中銀は想定しているとしながらも、その過程における不透明感を指摘し、実質賃金の伸びは当面弱い状態が続くとの見通しを示した。「家計にとって一層厳しい時期になる。賃金の伸びはモノやサービスの価格上昇に追いつかないだろう」と語った。

金融政策委員会(MPC)は政策金利を据え置くとともに、スムーズな離脱を想定した経済予測の通りに景気が拡大すれば、市場が示唆しているよりも速いペースでの利上げが必要となる可能性があるとの認識を示した。

MPCは政策金利を過去最低の0.25%で据え置いた。決定は7対1。フォーブス委員が再び少数派で、即時の利上げを主張した。残りの委員らも上向きのニュースがあれば、利上げ支持に回るのはそう難しくないとの姿勢を示した。シャーロット・ホッグ氏の辞任によって、MPCメンバーは8人となっている。

中銀は最新の経済予測も発表。EUとの交渉がこじれないことを想定した予測だという。離脱がスムーズではないケースについての予測はまだ試みていないと、カーニー総裁は述べた。「これとは別に、無秩序な交渉プロセスになる場合の予測も準備しなければならないだろうが、まだ行っていない」と述べた。

最新の予測では2017年の経済成長率予想を1.9%と、従来予想の2%から下方修正した。18、19年については予想を引き上げ、同期間における成長はほぼトレンドに沿ったものになるとの見通しを示した。

17年のインフレ予想は2.7%と、従来の2.4%から引き上げた。その後に若干低下するものの予測期間の最後である3年後には再び加速するとみている。

原題:BOE Says Smooth Brexit Could Mean Faster U.K. Rate Increases (1)(抜粋)Carney Sees Tougher Time for Households Even If Brexit Smooth

総裁の発言を追加します.

Jill Ward

最終更新:5/11(木) 23:18
Bloomberg