ここから本文です

米生産者物価指数:4月は前月比0.5%上昇、インフレ圧力を示唆

5/11(木) 22:56配信

Bloomberg

4月の米生産者物価指数は前月比でプラスに転換し、市場予想を上回る伸びとなった。米国経済にはインフレ圧力が根強く残り、3月の指数低下は一過性だったことが示唆された。

米労働省が11日発表した生産者物価指数(PPI)は前月比0.5%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は前月比0.2%上昇だった。前月は0.1%低下。

4月は前年比では2.5%上昇と、2012年2月以来の大幅な伸び。市場予想は2.2%上昇だった。前月は2.3%上昇。

食品とエネルギーを除くPPIコア指数は前月比0.4%上昇。前年比では1.9%伸びた。

食品とエネルギー、商業サービスを除いたベースのPPIは前月比0.7%上昇(前月0.1%上昇)。前年比では2.1%上昇(同1.7%上昇)。

項目別に見ると、エネルギー価格が前月比0.8%上昇した。食品は0.9%の上昇。

食品やエネルギーなど財部門のPPIは前月比0.5%上昇(前月0.1%低下)。サービス部門のPPIは0.4%上昇(同0.1%低下)した。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Rebound in U.S. Wholesale Prices Signals Inflation Pressures(抜粋)

Patricia Laya

最終更新:5/11(木) 22:56
Bloomberg