ここから本文です

松野・目黒山形資料修復完了 14日に一挙公開

愛媛新聞ONLINE 5/11(木) 9:32配信

 愛媛県宇和島、吉田両藩の境界争いの裁判で使われた国重要文化財(重文)「目黒山形関係資料」(松野町目黒の建徳寺所有)の修復がこのほど完了。松野町教育委員会は14日、重文指定10周年の記念講演会を開き、主要な古文書を公開展示する。町教委の担当者は「主な資料が一度に見られる機会。講演会と合わせ見識を深めてほしい」と話している。

愛媛新聞社

最終更新:5/11(木) 17:10

愛媛新聞ONLINE