ここから本文です

良品計画、インドで大きな成長見込む-中国に続く成功を期待

5/11(木) 14:58配信

Bloomberg

生活雑貨店「MUJI」を運営する良品計画は、積極的に海外展開を進める中で、インド市場に大きな期待をかけている。

良品計画の松崎曉社長は首都ニューデリーでのインタビューで、高成長と人口動態の傾向を踏まえると、同社にとってインドはいずれは中国に次ぐ2番目の海外市場になるとの見方を示した。同社の海外403店舗のうち中国が約半分を占めるものの、インドには大きな将来性があると述べた。来年旗艦店をムンバイでオープンするほか、年間2、3店舗のペースで出店する方針を示した。松崎社長は今回、ニューデリーの新店舗オープニングを祝う前にインタビューに応じた。

同社のインド店舗は現在、ムンバイとバンガロール、ニューデリーにある3店舗で、中国の200店舗をはるかに下回る。松崎社長は、年内にニューデリー郊外のノイダにもう1店舗オープンすることを明らかにした。

落ち着いた色が多いMUJIブランドの製品が、色彩豊かで身分意識が強いインドの小売り市場で成功できるかとの質問に対し、松崎社長は、赤が縁起の良い色とされる中国での出店を準備していた時、同じような懸念が起きたと指摘。中国での反応は驚くべきもので、国が経済的に成長すると、人はよりシンプルで機能的な商品へと向かう傾向にあるとの見方を示した。

原題:Japan’s Muji Predicts Big India Growth After China Success (1)(抜粋)

Iain Marlow

最終更新:5/11(木) 14:58
Bloomberg