ここから本文です

ニコ・ロズベルグ「ハミルトンの方が才能は上だった」

5/12(金) 5:35配信

TopNews

2016年のF1チャンピオンであるニコ・ロズベルグが、またルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)と以前のような友人関係に戻りたいと語った。

子供のころからカート仲間だったロズベルグとハミルトンは、かつては親友という関係にあった。だが、メルセデスAMGが2014年に最強チームとなってからは、タイトル争いのライバル同士となったチームメート同士の関係は悪化の一途(いっと)をたどることになった。

すでにロズベルグはF1から引退してしまったものの、最近ロズベルグのことをどう思っているかと質問されたハミルトンは、「何とも思わない」と否定的なコメントを返していた。

だが、ロズベルグの方はもはやハミルトンに対して何のわだかまりももっていないと『Bild(ビルト)』紙に次のように語った。

「僕は成功するために不断の努力、絶対的献身、そして一切の妥協をしないということを頼りにするしかなかったんだ。僕が成功を収めるにはそれしか方法がなかった」

「F1には僕よりも才能のあるドライバーもいる。僕のチームメート(ハミルトン)もそうだろうね。彼は歴代でも最高レベルのドライバーだし、とてつもない強敵だよ」

F1をすでに引退したロズベルグにとっては、いまだにハミルトンとの親交を復活させることができないのかが不思議で仕方がないようだ。

「(引退から)もう5か月が過ぎた。なぜ、そうなってはいけないのか、僕には分からないよ」とロズベルグは付け加えた。

最終更新:5/12(金) 5:35
TopNews