ここから本文です

ツアー1勝の伏兵が第5のメジャーで首位発進 松山英樹51位、池田勇太66位

5/12(金) 9:25配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 初日(11日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72)

再始動!松山英樹のフォトギャラリー

“第5のメジャー”と呼ばれる米ツアーのフラッグシップイベントが快晴の下で開幕。ウィリアム・マクガートが2イーグルを含む「67」、マッケンジー・ヒューズ(カナダ)は5バーディをマークして、ともにツアー1勝の2人が5アンダーの首位タイ発進を決めた。

1打差の2位にJ.B.ホームズ、チェズ・リービー、アレックス・ノレン(スウェーデン)、ホン・ラーム(スペイン)。さらに1打差の3アンダー7位タイにルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、ダニエル・バーガー、キム・シウー(韓国)ら11人が並んだ。

大会史上初の連覇がかかるジェイソン・デイ(オーストラリア)はリッキー・ファウラー、フィル・ミケルソンらと並んで2アンダー18位。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは1アンダー32位タイで滑り出した。

試合前のパワーランキング(優勝予想番付)で8番手の松山英樹は、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「72」で、イーブンパー51位タイ。世界ランキング50位以内の資格で初出場を果たした池田勇太は3バーディ、2ダブルボギーの「73」、ジョーダン・スピース、ロリー・マキロイ(北アイルランド)らと同じ1オーバー66位タイで2日目を迎える。

4月の「マスターズ」以来の出場となったセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、17番(パー3)でホールインワンを達成した。