ここから本文です

松川にカワセミ 美しい青

伊豆新聞 5/12(金) 13:29配信

 清流に生息するカワセミが、伊東市中心部を流れる伊東大川(松川)でも確認されている。16日まで、鳥の保護を目的とした「愛鳥週間」。

 カワセミは美しい青色で、体長約17センチ。小魚や昆虫を食べている。基本的には同じパートナーと一生を過ごすなどの特徴がある。

 伊豆野鳥愛好会の酒井洋平会長(74)は「7月になれば、雌や成長したひなが巣を離れ、にぎやかになる」と説明する。さらに「最近は川でごみを見かけることが多い。愛鳥週間をきっかけに、自然環境を見直して欲しい」と語った。

 【写説】岩の上にたたずむカワセミ=松川町

最終更新:5/12(金) 13:29

伊豆新聞