ここから本文です

大谷視察でレ軍関係者が2軍施設に…編成トップ直々に異例の電撃訪問

5/12(金) 5:00配信

デイリースポーツ

 ジョン・ダニエルズGM(39)ら米大リーグ・レンジャーズの関係者4人が11日、日本ハムの千葉・鎌ケ谷2軍施設を電撃訪問。大谷翔平投手(22)のリハビリを視察した。

【写真】大谷、同い年の美女とツーショット撮

 編成トップ、ダニエルズGM、ジョシュ・ボイドGM補佐ら関係者4人が、鎌ケ谷を訪れた。目当ての選手を問われた同GMは「今は個人の選手をあれこれ言える状況ではない」と名前こそ明かさなかったが、その視線の先が大谷であることは明らか。異例とも言えるリハビリ視察となった。

 大谷はオフに右足首を痛めた影響で今年3月のWBC出場を辞退。開幕からは野手として出場8試合で打率・407、2本塁打と活躍したが、4月8日のオリックス戦(京セラ)で左太もも裏肉離れを起こして離脱した。その後は鎌ケ谷でリハビリを続けている。

 この日はグラウンドの外野ポール間をランニング後、投球フォームを意識しながらキャッチボール。その後、室内練習場に移動すると、レ軍関係者も追いかけた。室内では大谷1人しか練習していなかったにもかかわらず、ティー打撃、マシン打撃などを4人で入念にチェックした。

 高校時代から大谷を追いかけてきたレンジャーズだが、同GMの来日は11年以来2度目。編成トップ直々の生視察には、大谷調査へのレ軍の本気度がうかがえる。今回の視察目的について同GMは「日本ハムは2人の素晴らしい選手を育ててきた。二刀流選手をここまで育成して、学ぶべきこともある」と説明。ダルビッシュ、大谷を一流選手に育て上げた日本一球団の育成プログラムの研究も視野に入れている。

 大谷は視察に関してコメントすることはなかったが、左太もも裏については「状態は良くなっています」と笑顔で話した。9日からスパイクを履いての練習を再開しており、今月中にも屋外フリー打撃を再開する可能性もある。実戦復帰後はさらに、MLB球団の“大谷狂想曲”が熱を帯びそうだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 18:20