ここから本文です

去就に揺れるバークリーにエヴァートン指揮官が通告「期限は1週間」

GOAL 5/12(金) 11:35配信

エヴァートンのロナルド・クーマン監督は、今夏の去就について多くの憶測が飛ぶロス・バークリーに1週間の猶予を与えたとワトフォード戦前の会見で語っている。

2018年夏までエヴァートンと契約を残すバークリーに、クラブは新契約のオファーを出したと報じられていた。しかし同選手は、グディソン・パークに残るか、トッテナムもしくはアーセナルへ移籍するか悩んでいるようだ。

クーマン監督は「彼にはまだ1週間の猶予がある。決断を選手に委ねているが、我々は8月まで待てない」とバークリーにシーズン終了までに決断するよう求めた。

続けて「首脳陣はロスをチームに残すために長期間働きかけてきた。彼が新契約にサインするか、我々が他の選手とサインするか、彼からの回答が必要だ。私はここに残りたいと考えている選手と仕事をしたい。彼は決定を下す必要がある。どうなるかは私には分からない」と話している。

GOAL

最終更新:5/12(金) 11:35

GOAL