ここから本文です

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンのドキュメンタリーが米で7月に放送

5/12(金) 14:20配信

bmr.jp

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンのドキュメンタリーが米で7月に放送

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンのドキュメンタリーが米で7月に放送

ヒップホップ界のカリスマ・プロデューサーとしても知られるドクター・ドレー。音楽プロデューサー/エンジニア、Interscope Recordsの創業者としても知られる音楽業界の重鎮ジミー・アイオヴィン。人気ヘッドフォン・ブランド「Beats by Dre」を生み、今やApple Musicの重役を務めるこのふたりのキャリアを追うドキュメンタリー番組『The Defiant Ones』が7月に放送予定であることが発表された。

1958年の映画『手錠のまゝの脱獄』と同じタイトルを持つ『The Defiant Ones』は、昨年12月に米HBO放送が製作を発表したものの、その後音沙汰がしばらく途絶えていたが、いよいよ放送が決定。予告編映像が公開されると共に、米HBOで7月9日から12日に4夜連続で放送予定であることが明かされた。

1993年の映画『ポケットいっぱいの涙』(原題『Menace II Society』)や2001年の映画『フロム・ヘル』を監督したことで知られるヒューズ兄弟のアレン・ヒューズが監督を務めるこの『The Defiant Ones』は、ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンに迫る、全4回のドキュメンタリー番組。およそ3年をかけて撮影されたというこの番組の中では、エミネムを始め、ケンドリック・ラマー、アイス・キューブ、スヌープ・ドッグ、ナズからU2のボノまで錚々たるアーティストによるインタビューのほかに、これまで未公開だったレコーディング・セッションの様子なども見ることができるという。

様々なヒットを放っただけでなく、人気ヘッドフォン・ブランド「Beats by Dre」を共に生み出し、ふたりが立ち上げたBeats Electronicsを2014年にはAppleに総額30億ドル(およそ3050億円=当時)で売却。株の売却益により、ドレーは同年12月にフォーブス誌が発表したミュージシャンの収入番付では年収6億2000万ドル(およそ736億円=当時)で2位のビヨンセに5倍以上の差をつけて1位となるなど、ヒップホップ界初の大富裕層になったとも言われる。ドレーの良きビジネスパートナーであるジミー・アイオヴィンは現在、Apple Musicの重役として辣腕を振るっており、音楽/テクノロジー業界のビジョナリーとしてさらにその存在感を増している。このふたりのサクセス・ストーリーを追うとなれば、興味深いドキュメンタリーとなりそうだ。なお、アメリカ以外での放送は現在発表されていないが、ドレーとアイオヴィンの話となれば、Apple Musicでの配信も期待されるところ。

ドクター・ドレーは、現在に連なるギャングスタ・ラップやウェストコースト・ヒップホップの基礎を築いたパイオニア的存在であり、現在は俳優としての活躍でも知られるアイス・キューブらが在籍していたことでも知られる西海岸の伝説的ヒップホップ・グループ N.W.A.の一員として80年代末にその名が知られるようになり、スヌープ・ドッグ、2パックらをプロデュースし、数々のヒットを生んだ。中でもエミネムを見出したことで知られ、ヒップホップ界のカリスマ・プロデューサーとして今なお影響力を誇る。2015年にはN.W.A.の伝記映画であり、音楽伝記映画としても、黒人監督による映画としても、史上最高の興行収入を記録する大ヒットとなった『ストレイト・アウタ・コンプトン』の公開に合わせて、自身のアルバムとしてはおよそ15年9ヶ月ぶりとなる新作『Compton』を発表したことも話題となった。

ジミー・アイオヴィンは、70年代初期にエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、ジョン・レノンやブルース・スプリングスティーンなどのレコーディングに携わった。1978年にはパティ・スミス『Easter』を手がけてプロデューサーとして才覚を発揮し、80年代にブルース・スプリングスティーン、U2、トム・ペティ、スティーヴィ・ニックスなどロック系のプロデューサーとして活躍した。1990年にはInterscope Recordsを創業、レーベル・エグゼクティヴへと転身していくと共に、2パックと契約するなどヒップホップと接近。この頃からドクター・ドレーと組むようになり、1996年に設立されたドレーのレーベル Aftermath EntertainmentはアイオヴィンのInterscope傘下に立ち上げられた。Aftermathからは、ナズらによるザ・ファームや、エミネム、ケンドリック・ラマーらの大ヒット作が生まれている。2006年にはドレーと共にBeats Electronics社を立ち上げ、ヘッドフォン・ブランド「Beats by Dre」を大ヒットさせた。

最終更新:5/13(土) 1:30
bmr.jp