ここから本文です

佐藤浩市の頭を市川猿之助が踏みつける!「花戦さ」豊臣秀吉VS千利休の衝撃画像公開

映画.com 5/12(金) 10:00配信

 [映画.com ニュース] 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市ら名優が結集し、花僧・池坊専好(萬斎)が、親友の茶人・千利休(佐藤)を自害に追いやった豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑む「花戦さ」の新たな場面写真が、公開された。

「花戦さ」本予告はこちら!

 「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督とNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本家・森下佳子が組み、上記キャストに加えて高橋克実、和田正人、森川葵、山内圭哉、吉田栄作、竹下景子らが脇を固める。おっちょこちょいながら天賦(てんぷ)の生け花の才を持つ専好のユニークな人となりや歴史に名をはせた人々との関わりを描くと共に、10人がかりで14日間かけて作り上げたという4.55メートルの巨大な松生け花ほか、色とりどりの花が画面を彩る。

 このたび公開されたのは、秀吉が鬼気迫る表情で利休の頭を踏みつける重要シーンを切り取ったもの。秀吉がぜいの限りを尽くして作らせた黄金の茶室で、金色の袴(はかま)に足袋をまとった秀吉の姿が描かれる。足元には、秀吉の逆鱗(げきりん)に触れた要因の1つである黒楽茶碗も確認できる。この後の波乱の展開を予感させる1枚だ。権力に取り付かれて暴走していく秀吉を猿之助が熱演しているほか、第40回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞に輝いたことも記憶に新しい佐藤が、円熟味あふれる“静”の演技で作品に深みを与えている。

 「花戦さ」は、6月3日から全国公開。

最終更新:5/12(金) 10:00

映画.com