ここから本文です

【DEEP】9戦無敗の最強挑戦者・石司「真っ向勝負で叩き潰す」

イーファイト 5/12(金) 17:52配信

 5月13日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP CAGE IMPACT 2017』の前日計量が、2日(金)12:30より都内にて行われた。

【フォト】挑戦者決定戦で気迫の打撃を見せる石司

 メインイベントでDEEPバンタム級タイトルマッチを争う、王者・大塚隆史(T-GRIPSTOKYO)はリミットちょうどの61.2kg、挑戦者の石司晃一(フリー)は61.1kgでそれぞれ計量を一度でクリアー。

 石司は、早くから佐伯繁DEEP代表が太鼓判を押しているDEEP期待の新星。怪我のため戦線離脱していたが昨年12月に復帰し、大塚の初防衛戦の挑戦者だった北田俊亮を得意の打撃で破った。プロ9戦無敗。大塚にとって最強の挑戦者だと言えるだろう。

「減量はラクだったのでいつもよりも元気です。余分に600グラムくらい落ちてしまったので、朝ご飯を食べてきたほどです」と、好調ぶりをアピールする石司。

 王者・大塚については、「大塚選手が得意なところはハッキリしているので自分はそこを潰して真っ向勝負で叩き潰すイメージです。展開によっては寝技もあると思うが、テイクダウンされても立ち上がるとかそういう攻防はたくさん出てくると思う。スタミナは大塚選手も自信あると思うが、自分は絶対の自信がある」と、真っ向勝負を口にする。

 復帰戦までは名古屋のALIVEで腕を磨いていたが、現在は東京に戻って元の所属であるBrightness MONMA DOJOや様々なジムへ出稽古に行って練習を積んできた。

「実力も今までで一番のところに持ってきたし、調子も非常にいい。前回は1年半ぶりの試合だったので確かめながら慎重にやって情けない試合をやってしまったので、それを払拭したいというのがある。今回は自分の力をしっかり見せて、メインにふさわしい素晴らしい試合を見せたい」と意気込む。

 そして、「勝てば次が見えると思う。試合が終わった後に(次の扉が)開けると思う」と、タイトルを奪取して次につなげたいとした。

最終更新:5/12(金) 17:52

イーファイト