ここから本文です

芳根京子、幼少期に自作した歌を披露!「A-Studio」

5/12(金) 12:15配信

cinemacafe.net

笑福亭鶴瓶と「ViVi」モデルのemmaが司会を務め、ゲストの友人や関係者への徹底取材からその素顔に迫るバラエティー「A-Studio」。5月12日(金)今夜放送回に、現在放送中の日曜劇場「小さな巨人」に出演中の女優・芳根京子が登場する。

【写真】芳根京子&笑福亭鶴瓶&emma「A-Studio」

高校1年生のときにスカウトされ芸能界入りした芳根さん。2013年春放送のドラマ「ラスト・シンデレラ」で女優デビューを飾ると、本広克行監督のもと「ももいろクローバーZ」らと共演した映画『幕が上がる』や、昨年公開の『64 -ロクヨン-』などで演技をみがき、昨年秋から今年の春まで放送された連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロイン・坂東すみれ役に抜擢、一躍大きな注目を集めたのは記憶に新しい。夏には『心が叫びたがってるんだ。』の実写版でヒロイン・成瀬順を演じるなど今後一層の活躍が期待される女優である。

番組ではそんな芳根さんの幼少期の様子などを鶴瓶さんが取材。芳根さんが3歳のときに作ったという「まめむーまん」の歌が紹介されるなど、新進気鋭の女優のプライベートにせまるトークが展開される。

現在人気急上昇中の芳根さんだが、現在TBS系で日曜21時から好評放送中の「小さな巨人」で警視庁の新任職員・三島祐里を演じている。

“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする、警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎(長谷川博己)が、取り調べの際に一つミスを犯してしまい、所轄への異動を命じられてしまう。やってきた所轄では、小さな事件でも己の正義を信じ事件に挑む同僚たちが。その姿を目にしたとき、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる…というストーリーが展開する同作。

長谷川さんをはじめ、捜査一課長を目指す刑事・山田春彦を岡田将生が演じるほか、安田顕、春風亭昇太、駿河太郎、手塚とおる、木場勝己、香川照之らが脇を固めている。

芳根さん演じる三島祐里は警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入庁したが、志望とは異なる警務部の人事課に配属された新任職員で、昇任試験の問題の準備や採点の補助、人事案の整理の仕事を担当するなかで警察内部の人事情報に精通、彼女の“ある決意”が物語を左右する重要な存在である。

デビュー約4年で一気に女優としてのステップを駆け上がってきた芳根さんの“素顔”を徹底取材した「A-Studio」は5月12日(金)23時~TBS系にて放送。

最終更新:5/12(金) 12:15
cinemacafe.net