ここから本文です

【速報】自分自身へのメール送信はもう不要。クラウドベースのコピペ機能が次期Windows 10に搭載

Impress Watch 5/12(金) 1:36配信

 米シアトルで開催されている開発者向け会議 Build 2017の2日目の基調講演で、次期Windows 10 Fall Creators Updateにて、クラウドベースのコピー&ペースト機能「Cloud-powered Clipboard」が搭載されることが発表された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 これまで、たとえば写真や文字列など、PCで扱っているデータをスマートフォンで、あるいはその逆で利用したい場合、自分自身にそのデータを貼り付けたメールを送るということを行なっていた。

 しかし、Cloud-powered Clipboardを活用することで、この無駄を排除できる。たとえば、PCで住所の文字列を選択肢、右クリックでコピーする。Microsoftの「SwiftKey」キーボードがインストールされているAndroidスマートフォンでGoogleマップを開き、住所を入力する代わりに、Swiftkeyを右にスワイプするだけで、PCのクリップボードにコピーされた情報が表示されているので、それを選ぶだけで入力が完了する。

 この機能は「Project Rome」APIで実現されており、Windowsだけでなく、サードパーティのアプリを含めたAndroidデバイス、iOSデバイスでも利用可能となる。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:5/12(金) 2:07

Impress Watch