ここから本文です

【P1レポート】メルセデスが1-2 マクラーレン・ホンダのアロンソは最悪のスタートに/F1スペインGP

TopNews 5/12(金) 20:05配信

2017年F1第5戦スペインGPが5月12日(金)、バルセロナ-カタルーニャ・サーキット(1周/4.655km)で開幕。現地時間10時(日本時間17時)から行われたフリー走行1回目でメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップに立った。

セッション序盤は、各ドライバーが一番硬めのコンパウンドであるハードタイヤでの走行に臨んでゆく。そんな中、セッション開始から10分ほどが経過したところで初めてコースに出てきたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)だが、なんとアウトラップ中にトラブルが発生。アロンソはコースわきにクルマを止め、ここで早々とセッションを終えることになってしまった。

さらに、開始25分ほどに近づいたところでフェラーリのセバスチャン・ベッテルのF1カーにもトラブルが発生。どうやらギアボックスにオイル漏れが発見されたようだ。ベッテルはピットロード出口部分に停車させ、その後クルマはガレージへと戻された。

セッションが後半に入ると、このグランプリでは中間の硬さのコンパウンドとなるミディアムタイヤでのタイムアタックが開始され、メルセデスAMG勢だけが1分21秒台に乗せる好調ぶりを示してみせた。

これにキミ・ライコネン、トラブルの修復を終えたベッテルのフェラーリ勢が3番手4番手で続き、その下にレッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがつけ、いつものように3強チームのドライバーが上位6番手までを占めるという展開となった。

だが、このセッションではメルセデスAMG勢とフェラーリ勢のタイム差が約1秒という、予想以上に大きな差がついている。予選や決勝と同じ時間帯で行われる次のフリー走行2回目でフェラーリ勢がどこまでペースを上げてこられるかが注目点のひとつとなりそうだ。

スペインGPフリー走行1回目のトップ10ドライバーは次の通り。
トップはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)、3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、4番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、5番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、7番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、8番手ロマン・グロージャン(ハース)、9番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、10番手カルロス・サインツ(トロロッソ)。

マクラーレン・ホンダ勢は、ホームレースに臨むアロンソがタイムを刻むこともできずにこのセッションを終えたものの、チームメートのストフェル・バンドーンはトータル24周を消化し、13番手タイムを刻んでいる。

F1スペインGPフリー走行2回目は、このあと日本時間21時から始まる。

最終更新:5/12(金) 20:05

TopNews