ここから本文です

鳥取・日南町産トマト使い最高級トマトジュース発売へ

産経新聞 5/12(金) 7:55配信

 鳥取県日南町特産のトマトを使って、「日南トマト加工」(同町)が最高級のトマトジュース「アイシャーラ2016」を商品化。同社の内田章久社長が11日、県庁に平井伸治知事を訪ね、7月からの限定販売を報告した。

 同社は町内産の完熟トマトを使い、ジュースやケチャップ、ジャムなどを手作りで生産している。アイシャーラ2016は、自社のハウスで育てたトマト「麗夏」を使用。1日の寒暖差が10度以上で、最もおいしくなる時期という昨年10月に収穫、ジュースに仕込んだ。

 1本(500ミリリットル)あたりL玉12~13個を使用。裏ごし製法の上、瓶に入れて土蔵で半年熟成させたため、すっきりした口当たりと、なめらかな味わいが楽しめるという。

 試飲した平井知事は「コクがあり、口の中でさまざまなおいしさが広がる」と満足げ。「高級感あふれる本物のトマトジュースを味わってほしい」とPRしていた。

 アイシャーラ2016は1本2700円(税込み)。高島屋ローズキッチン(食料品宅配専用サービス)で、365本をシリアルナンバー付きで販売する。

最終更新:5/12(金) 7:55

産経新聞